脳トレSwitch版は買うべき?良い点悪い点を評価レビュー!

こんにちはhamuwoです。

2019年12月27日の年末に、あの「脳トレ」がNintendoSwitchに帰ってきました!

 

Switch版のタイトルは「東北大学加齢医学研究所 川島隆太 教授監修 脳を鍛える大人の NINTENDO SWITCH トレーニング」

相変わらず長いですね。(笑)

 

今回は「脳トレって面白いの?」「Switch版の脳トレって何が変わったの?」という方に向けて、Swtich版脳トレの良い点悪い点をまとめていきます。

 

脳トレとは?

まずは「脳トレ」ってなに?という方に向けて解説していきます。

「脳トレ」とは、Nintendoが開発したゲームソフト「脳を鍛える大人のDSトレーニング」シリーズの略称です。

 

タイトルの通り、ゲーム内で脳を鍛える(若返らせる)トレーニングを行うことができます!

「脳年齢」と呼ばれる脳の若さを測定することができ、自分の実年齢を目指して保っていくのがこのゲームの目的です。

 

1作目の「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は日本で300万本売り上げる大ヒット。

2作目の「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」は500万本も売り上げました。

 

この2作はNintendoDSを代表するゲームと言っても過言ではないほどで、当時DSが店舗で売り切れ続出するほどの社会現象が起こりました。

その後DSiや3DSでシリーズ作が発売され、今回のSwitch版は「脳トレ」シリーズの5作目にあたります。

 

東北大学 加齢医学研究所の川島隆太 教授が監修しており、ソフト内のアドバイザーも担当しています。

 

脳トレSwitch版の良いところ

脳トレSwitch版の良いところ

  1. 「指を動かす脳トレ」が楽しめる
  2. 「対戦脳トレ」が楽しめる。
  3. DSより画面が大きい。

Swtich版脳トレは、DSの頃にはなかったIRカメラや、Joyコンを利用した脳トレが楽しめます!

タッチパネルだけでなく、指先の検知までできるようになったので、細かな手を動かす脳トレが行えます。

 

IRカメラ

赤外線カメラ。サーモグラフィーと言う方が伝わりやすいかも。

右のJoyコンの下側に付いている。

物質が放つ赤外線を分析して、熱分布を図に表すカメラ。

Joyコン

NintendoSwitchに同梱されているコントローラー。右と左がある。

本体から分離して操作したり、向きや振動を検知することで、手の動作を明確に判断することができる。

 

1.「指を動かす脳トレ」が楽しめる

Switch版脳トレの特徴は何と言っても、Joyコンに付属しているIRカメラを利用した脳トレです。

これが本当にスゴイ!

「えっ!そんなに見えてたの?」とツッコミたくなるぐらいハッキリ映ります。

 

このIRカメラを利用することで、このような「指を動かす脳トレ」が楽しめます!

指を動かす脳トレ

  • 指の数を検知して行う「指計算」
  • 連続で指の形を変えていく「指体操」
  • お題に沿って、じゃんけんで勝ったり負けたりする「後出勝負テスト」

 

これらのトレーニングが過去作と圧倒的に違うポイントで、脳から指先まで感覚を共有している一体感があります。

上手くトレーニングをやり遂げると、嬉しさが指先まで伝わる不思議な感動に包まれますね。(笑)

 

2.「対戦脳トレ」が楽しめる。

NintendoSwitchには左右2つのJoyコンが付属しています。

そのJoyコンを分けることで、「対戦脳トレ」が楽しめるのも脳トレSwitch版だけです。

 

対戦脳トレ

  • 野鳥の数を数える「野鳥数え」速度と正確さを競います
  • マスに置かれた箱の数を数える「箱数え」
  • 指示通りに手を動かす「旗揚げ」

「野鳥数え」と「箱数え」は、正確さと合わせて速度も必要なので、焦りやすく失敗しやすいです。

思わず「もう1回!」と何度でも繰り返してしまう中毒性がありますね。(笑)

 

「旗揚げ」はJoyコンを有効に活用した対戦脳トレです。

「左、右、左、上」と表示された後に、「左、右、左、上」とJoyコンを振っていきます。

記憶力がためされるので、「早い動作は苦手…」という方にも楽しめますね!

 

3.DSより画面が大きい。

Switchの画面はDSより大きいので、このようなメリットがあります。

画面が大きいメリット

  1. 表示範囲が広いので、文字が大きく見やすい。
  2. ペンの有効範囲が広く書きやすい。
  3. タブレットを持つようなイメージで持ちやすい。

過去に発売されたLLサイズの携帯機よりも、Switchの画面サイズは大きいです。

NintendoSwitch  6.2インチ
NintendoDSi LL   4.2インチ
Nintendo3DS LL  4.18インチ

「DSの画面が小さくて見えづらかった」という方に、Switch版脳トレはオススメできます!

また、書ける範囲も広いので非常に書きやすく、DSのようにパカパカする上画面もないので、手に持ってプレイしやすいですね。

 

脳トレSwitch版の悪いところ

脳トレSwitch版の悪いところ

  1. Joyコンの分離や向き変更などが面倒
  2. 過去のトレーニングが多く目新しさが少ない
  3. 付属しているペンの収納場所がない

JoyコンやIRカメラを利用した新しい脳トレが出来る反面、Joyコンの分離や画面の向き変更を行う必要があり、やや手間がかかります。

トレーニング内容は過去作にあったものも多く、目新しさは少ないかもしれません。

 

しかし、内容は同じでも、Swtich版になったことでプレイ感などがグレードアップしていました!

 

1.Joyコンの分離や向き変更などが面倒

Joyコンのカメラ機能を利用するときに、Joyコンを分離して画面を横向きにする必要があります。

「取り外して回して…」とするのは確かに面倒です。

 

ですが、この動作を行うのは、一部の脳トレだけです。

わたしは画面を持ちやすくするために、最初にJoyコンを外してからプレイするので、それほど気にはならなかったです。

 

2.過去のトレーニングが多く目新しさが少ない

高速計算や名曲演奏など、過去作にあったトレーニングが多いです。

最初は毎日トレーニングでできる内容も少ないため、「過去作と変わらないな~」と感じやすいです。

 

しかし、各トレーニングは確実にグレードアップしています!

前述のように画面が広くなっているため、高速計算は記述しやすくなり、名曲演奏はまさかの自分の指で弾けます。(笑)

記入ミスでイライラすることも少なく、手先まで使った脳トレが行えます。

 

もちろん、トレーニングは過去作と完全に同じではなく、新しいものもあります。

わたし的には、数独が目新しく、ついつい夢中になってやってしまいますね。

アシスト機能というものがあり、1マスごとに当たっているか確認できます。

数独でありがちな、終盤に数字が被ってる現象が起こらなくなるので、延々と続けてしまいます。(笑)

 

3.付属しているペンの収納場所がない。

それほど大したことではないですが、パッケージ版に付属しているペンの収納場所がないです。

DSには本体にペンが付属していましたが、Switch本体には付いていないので、脳トレのソフトに同梱されています。

 

使うたびにパッケージを開けるのもどうかと思うので、そのままで置きっぱなしになっています。

ちゃんと管理すればいいですが、紛失しないか少し心配ですね。

 

ちなみに、ダウンロード版にペンは付属しません。

画面タッチペンは100均で売っているので、最悪そちらで購入することができます。

ダウンロード版で遊ばれている方は、別途購入したりするようです。

 

脳トレSwitch版をオススメできる人

良い点悪い点をふまえて、どんな人に脳トレSwtich版がオススメできるのかをまとめていきます。

 

脳トレSwitch版をオススメできる人

  1. 自分の今の脳年齢が気になる人
  2. 脳トレシリーズ初見で興味がある人
  3. JoyコンやIRカメラを使った脳トレに興味がある人
  4. 対戦脳トレに興味がある人
  5. 3DSLLなどで画面サイズが小さいと感じた人

 

Joyコン・IRカメラ・対戦脳トレなどの目新しいことに興味がある方や、過去作をプレイして画面が小さいと感じた方。

過去作にあったトレーニングが気にならない脳トレシリーズ初見の方、単純に「今の脳年齢低くなってそう…」と気になった方。

などにオススメができると言えます。

 

脳トレSwitch版をオススメできない人

逆にオススメできない人についてもまとめます。

脳トレSwitch版をオススメできない人

  1. 脳トレシリーズをやりこんでいる人
  2. 過去の脳トレで、3日坊主など続かなかった人
  3. Swtichの画面に映る文字も小さすぎると感じる人

毎日トレーニングの目新しさが少ないため、シリーズをやりこんでいる人ほど、発見や感動が少ないです。

また、過去作と比較しても継続するのための仕組みが「アラーム機能」しかないので、過去に続かなかった人は同じく続かなさそう。

 

「Switchの画面も小さくて文字が見えにくいよ」という方には、プレイが厳しいです。

ちなみに、お手軽モードの方はテレビやモニターに映しながらプレイすることができます。

 

まとめ

わたしは過去のDS2作を遊んでいましたが、最初は「あれっ?そんなに変わってない」と感じました。

ですが、プレイするうちに感じ方が変わってきました。

 

過去のトレーニングはグレードアップしており、JoyコンやIRカメラを利用した新たなトレーニングも追加されています。

過去作よりも脳と動作が直結したようにも感じ、さらに鍛えられているように感じました。

 

続けてプレイすることが前提のゲームですので、これからも続けて脳年齢を若くしていきたいですね。

あなたも是非プレイしてみてはいかがでしょうか?

 

脳トレSwitch版の価格

パッケージ版:3,480円+税

ダウンロード版:2,680円+税

 

どちらも定価になります。

ダウンロード版には、タッチペンが付属していません。

 

継続するなら、いつでもプレイしやすいダウンロード版がオススメです。

 

わたしはパッケージで購入しました。

しっかりしたペンが付いているので、「あまりカートリッジを抜き差ししないよ」という場合はこちらでも良いですね。

-Switch
-

Copyright© GAMESPEED , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.